-音痴の治し方

2009年7月アーカイブ

大抵の人は、幼い頃から教育機関や家庭などで様々な音楽に触れることにより、音程やリズムをとる能力が自然と養われます。しかし、幼い頃から音楽に関心がなく音楽に接する機会も少なかった人では、その能力は充分に養われず、音程やリズムをとることが難しくなります。

また、幼い頃は音楽に触れて大きな声で歌っていても、成長していく内に音楽に触れたり歌ったりすることが少なくなり、音痴になってしまうこともあるでしょう。
音痴な人が家族にいるというのも音痴の要因になります。音痴な家族の歌に耳が慣れてしまい音程やリズムに対する感覚がずれた結果、音痴になってしまうのです。自分自身の感覚にずれがあるため、この場合は他人に指摘されるまで自分が音痴であることに気づきにくいかもしれません。

音痴には大きな声で叫ばないと歌っている感覚がないというタイプもいます。大きな声で叫ぶと音程に対する感覚が麻痺してしまい、音程が分からなくなり、聞く側に苦痛を感じさせてしまいます。日常生活の中でストレスが溜まりやすく、歌でストレスを発散させるタイプの人にはこのような音痴が多いです。

落ち着きがない自分勝手なタイプの人も音痴になりやすいです。普段から音楽をまともに聞かず、なんとなく勝手に音楽を理解して歌っている人は、正確に音程やリズムを把握しきれず、音痴になってしまいます。このように、生活環境や精神的なことがきっかけで音痴になっていくのです。

最初は順調に歌えていたが、途中で息が続かなくなり音程やリズムが崩れ、音痴になることがあります。それは間違った呼吸法が原因で、正しい呼吸法で歌うことにより音痴を克服することが出来ます。日常生活と歌う時では、呼吸法が異なることを理解し、音痴を克服するための正しい呼吸法を練習しましょう。

呼吸法には、肋骨(あばら骨)を広げて呼吸する胸式呼吸と横隔膜を上下させて呼吸する腹式呼吸があり、日常生活では胸式呼吸が中心です。しかし、歌うときに必要なのは腹式呼吸で、胸式呼吸で歌うと音痴の原因になります。腹式呼吸はお腹が動くのが特徴、胸式呼吸は肩が上下するのが特徴なので呼吸法をチェックし、胸式呼吸の場合は矯正しましょう。

まずはリラックスして鼻で呼吸し、お腹に手を当ててお腹が動く感覚を確認してください。次にお腹がへこむまで口から息を吐き出してしまいます。充分に吐き出したら、鼻から息を吸いお腹が膨らむまで息を貯めて、その息を鼻から吐き出します。鼻呼吸を繰り返し行い、音痴の矯正に有効な腹式呼吸の練習をします。

胸式呼吸では肺の浅い所へ酸素を取り込み、肺を広げて呼吸するので、多量の酸素を肺に溜め込むことが出来ずに息切れを起こします。腹式呼吸では取り込んだ空気を肺の深い部分へ取り込み肺の下にある横隔膜を押し下げて呼吸するため多量の酸素を肺に取り込んで溜め込むことができ、音痴の原因となる息切れを防ぐことができます。

 

 犬の洋服  節約料理レシピ  バストケア  東京のデートスポット

音痴矯正には何をすれば良いのでしょうか。歌い慣れるところから音痴の矯正を始めても効果的に音痴は治せません。音痴を矯正するまでの一連の流れを把握しましょう。
自分が音痴であることを知るのが第一歩です。自分の歌に違和感を覚えたり指摘されたりと何らかのきっかけで自分が音痴であることを知り、自分の歌を録音して聞き直し、分析する所から音痴矯正は始まります。

音痴であることを知るきっかけが、音痴の原因を知る手がかりになります。自分で気付いた場合は歌い慣れないことや思いこみなどの精神的なもの、指摘されて気付いた場合は耳が悪いか育った環境が原因である可能性が高いです。音程には問題がなく、リズム音痴が原因であるケースもあります。

次は、音痴を矯正するための選曲です。音痴矯正を挫折しないために好きな曲、難しすぎない曲を選曲しましょう。
腹式呼吸や発声練習の基礎練習をしてから練習を開始するのですが、原因によって練習方法は違います。歌い慣れないことや精神的なものが原因ならば、音楽を聞き込んで歌い慣れることで矯正し、耳が悪いことや育った環境が原因なら骨伝導を利用した音痴矯正をします。リズム音痴の場合は、音楽のドラムの部分を聞き込んでリズムをとることで矯正します。

ボイストレーニングのスクールを利用するのも、音痴を治す手段の一つです。音痴の原因を知るためや音痴矯正の効果を知るために利用すると、音痴が効果的に矯正出来ます。

 

 FX用語  カプサイシン  オールデン  スマートフォン

ハミングが音痴に効果的である理由は、音痴がごまかせない所にあります。口を開けて歌う場合、音程をごまかせるテンポの速い曲を選曲し、勢いで音痴を隠すことができますが、ハミングではそうはいきません。だから、自分の音痴も明確に理解することができます。

ハミングは、口を閉じて発声することで耳に直接音を響かせる音痴矯正方法です。自分の声を正確に認識することで音痴を矯正していくことが出来ます。特に、音痴を自覚できる人へお勧めの音痴を治す方法です。

ハミングでは、鼻から息を抜いて発声することが大切です。口から息を抜くと声が外に出ていくため、自分自身の耳に聞こえる音の量が少なくなります。音痴の矯正では、自分自身の中に声を多く取り込むことが肝心なので、鼻から息を抜きましょう。

音痴矯正をハミングで行う際に気を付ける点は、体全体の力を抜くことです。体全体をリラックスさせることで冷静に自分の音程を認識でき、音痴である原因も確認しやすくなります。力が入りすぎて声帯が締まり、上手く声が出ずに音痴になるという心配もなくなります。

リラックスしてハミングできるようになったら、唇に少しだけ力を入れてみたり舌を動かしたりすることにより音がどのように変化していくのか聞いてみて下さい。高音・中音・低音はどの程度の力の入れ方をすると出るのかを把握することができます。音程の取り方にも安定感が生まれ、音痴も自然と解消されるでしょう。

 

 禁煙  住宅ローンの金利  がん治療  激安旅行
カテゴリー
更新履歴
音痴になりやすい人(2009年7月22日)
呼吸法で音痴を治す(2009年7月22日)
音痴を効果的に治す(2009年7月22日)
ハミングで音痴を治す(2009年7月22日)
カテゴリー
更新履歴
音痴になりやすい人(2009年7月22日)
呼吸法で音痴を治す(2009年7月22日)
音痴を効果的に治す(2009年7月22日)
ハミングで音痴を治す(2009年7月22日)