Top > 呼吸法で音痴を治す

呼吸法で音痴を治す

最初は順調に歌えていたが、途中で息が続かなくなり音程やリズムが崩れ、音痴になることがあります。それは間違った呼吸法が原因で、正しい呼吸法で歌うことにより音痴を克服することが出来ます。日常生活と歌う時では、呼吸法が異なることを理解し、音痴を克服するための正しい呼吸法を練習しましょう。

呼吸法には、肋骨(あばら骨)を広げて呼吸する胸式呼吸と横隔膜を上下させて呼吸する腹式呼吸があり、日常生活では胸式呼吸が中心です。しかし、歌うときに必要なのは腹式呼吸で、胸式呼吸で歌うと音痴の原因になります。腹式呼吸はお腹が動くのが特徴、胸式呼吸は肩が上下するのが特徴なので呼吸法をチェックし、胸式呼吸の場合は矯正しましょう。

まずはリラックスして鼻で呼吸し、お腹に手を当ててお腹が動く感覚を確認してください。次にお腹がへこむまで口から息を吐き出してしまいます。充分に吐き出したら、鼻から息を吸いお腹が膨らむまで息を貯めて、その息を鼻から吐き出します。鼻呼吸を繰り返し行い、音痴の矯正に有効な腹式呼吸の練習をします。

胸式呼吸では肺の浅い所へ酸素を取り込み、肺を広げて呼吸するので、多量の酸素を肺に溜め込むことが出来ずに息切れを起こします。腹式呼吸では取り込んだ空気を肺の深い部分へ取り込み肺の下にある横隔膜を押し下げて呼吸するため多量の酸素を肺に取り込んで溜め込むことができ、音痴の原因となる息切れを防ぐことができます。

 

 犬の洋服  節約料理レシピ  バストケア  東京のデートスポット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
音痴になりやすい人(2009年7月22日)
呼吸法で音痴を治す(2009年7月22日)
音痴を効果的に治す(2009年7月22日)
ハミングで音痴を治す(2009年7月22日)